活動

トランペットの新メンバー

投稿日:

新入団員続出中!の防府ウィンドシンフォニーです

先週のテナーサックス奏者さんに引き続き、前回来ていただいたトランペット奏者の方にご入団いただくことになりました

ミッキーの方が気になるか…

新年度ロケットスタートで絶好調です
新しい風が吹いてきたか〜

トランペット奏者はオーケストラだと2人(2パート)しか必要ない曲も多いですが、吹奏楽の場合はもっと人数が必要になります
今練習しているG.ホルストの第一組曲も(トランペットとコルネットで)5パートあって、その中で上と下に分かれていたりもするので、6人いても7人いても多すぎるということはありません

もちろん他の楽器と比べてトランペットだけ異常に多すぎるとバランス的によろしくないですが、まだまだ成長真っ盛りな楽団ですので、どの楽器の方もパートの人数など気にせず見学に来てくださいね

吹奏楽の編成は1950年代のイーストマン・ウィンド・アンサンブルの優れたレコーディングの影響もあって、必要最小限の編成を良しとする流れもずっとあります
(数少ない)プロの楽団になるとなおさら、運営上の人件費(演奏者のギャラ)の面からも少人数の方に傾いてしまいます

あ、よく見るとカラフルトランペットがある

ミニマムな編成の透明感ある繊細な響きも魅力的なものですが、超大編成のダイナミックな吹奏楽団のサウンドは、また違った良さがあります
生で(上手な)大編成楽団のゴージャスな演奏を聴くと、鳥肌が立つほど感動することもあります
電子楽器、マイク、スピーカーを使ったロックバンドの爆音ライヴともまた違って、人間が発する生音の迫力ってスゴイです

演奏する側は「合わせづらいよ〜」とか「音程合わないよ〜」といった大編成ゆえのデメリットもありますが、聴くことも演奏する機会も減ってきた大編成の吹奏楽団にもいつか挑戦できればと思ってます(どこかの楽団とのジョイントコンサートとかできるといいな)

 親子デュエットが聴ける日も近い??

メンバーが小さいお子さん(カラフルトランペッター)をひさびさに連れて来て、よちよち歩くようになってて全員キュン死でした
なのにマウスピースのリペアに夢中になってて写真を撮れてない!

金管楽器のマウスピースを落としたりして先端が凹んだり歪んでる方、結構いますが直すの得意ですのでお気軽に持ってきてください

今回は練習の前半にアンサンブルの練習をして、その後で合奏、というパターンでやってみました
みんなで楽しく上達できるように、いろいろと試行錯誤してます

モジモジ…「何かご用でしょうか?え?ホルンが吹きたい?」

写真が撮れてなかったり、スコアを忘れて家に取りに帰ったり、
本番が2つ終わって気がゆるんどる玲奈

4月も中旬になって新生活が落ち着いてきたら、楽団に入って楽器演奏を楽しんでみるのはいかがでしょうか?
楽器を始めたばかりの方、以前にやってたけどしばらくブランクのある方、学校の部活や他の楽団に在籍してる方、どんな方でも大歓迎ですよ〜

サウンドハウス

スポンサーリンク サウンドハウス

楽譜ネット

スポンサーリンク

サウンドハウス

スポンサーリンク サウンドハウス

楽譜ネット

スポンサーリンク

-活動

関連記事

粘膜奏法って何だ?

トランペットとホルン奏者に時々見られる、マウスピースを当てる位置が唇の下の方に下がってきてしまうことを「粘膜奏法」と言ったりします ↑このような状態 この「粘膜奏法」という言い方、なんだか病的であまり …

クラリネット奏者登場

クラリネットの初めての見学者さんに来ていただけました しっかりとした良い音色で、初見の楽譜でもすぐに対応できる方で素晴らしい ぜひまた来ていただけるとうれしいです 10/2(日)にJR防府駅近くのルル …

打楽器奏者あらわる

打楽器奏者の初めての見学者さんに来ていただけました 軽やかなスティックさばき 男性奏者にありがちなパワフル、というよりただ音がデカいだけの演奏とは一線を画す、繊細で美しい演奏ができる方でもっと聴いてみ …

かたつむり

雨の日が多くなって、梅雨まっさかりといった風情です雨がそんなに嫌いではない、というか「たまにはいいなー」とか思ったりする方なので、気分が滅入るようなことはありません練習会場の近く、防府天満宮の辺りは古 …

ホルン奏者

3/5(日)の「フェスタ・アスピラート2023」の本番にホルンの音が必要で(いつも必要ですが)、お手伝いさんに来ていただくことになりました と言ってもメンバーの家族で、初めての合奏でもすんなりと溶けこ …

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー