活動

第5回アンサンブルコンサートを開催します

投稿日:

2023年7月23日(日)の、防府ウィンドシンフォニー「第5回アンサンブルコンサート」

アンサンブルコンサートをやってる楽団はたくさんあるけど、年に2回やってる楽団は全国的にも少ないです

会場はJR防府駅からすぐのアスピラート(防府市地域交流センター)
の1階に、昨年の5月にできた「市民ギャラリー」

ギャラリーと言うだけのことはあって主に絵画などの展示に向いたスペースですが、コンサートもできます

昨年7月の第3回アンサンブルコンサートの様子

14:00スタート、入場無料、全席自由です

1時間ちょっとくらいのコンサートになると思います

同じ「市民ギャラリー」で7/21(金)〜7/23(日)に、着物の会による「ゆかたの帯結び展・体験会」を3日間10時〜15時でやってますが、そちらの最終日と同時開催という形になります

「ゆかたでも着て演奏したら?」
とメンバーに言ってみたところ、
「ぜったい演奏しにくい」
と却下されました(ざんねん

ホントにやったら見た目はかなり素敵だと思うけどー

毎月1日に出てる防府市の広報誌「情報ほうふ」にも、アンサンブルコンサートのことを掲載していただいてます

ちなみに毎月15日に出てる方は「お知らせ ほうふ」という広報誌で、こちらはカラーの表紙ではなくやや簡易版のような風情です(月に2回、広報誌が出てるんですね

プログラムも決まってきました

8つのアンサンブルチームが結成

それぞれ個性的な演奏を披露してくれます(↓こんな感じの曲ですよ、という意味での参考動画

トランペット二重奏で、J.B.アーバン作曲「きつね狩り」
スネアドラム三重奏で、成島 和也 作曲「The Rhythm」
管楽四重奏で「宇宙戦艦ヤマト」
管打八重奏で、King & Princeの「シンデレラガール」
トランペットとドラムの二重奏で「ルパン三世」
管打四重奏で、ウェイン・ショーターの「サンクチュアリ」
管打三重奏で、となりのトトロより「さんぽ」
管打八重奏で、アラジンより「フレンド・ライク・ミー」

プログラムや編成は変更になる可能性もありますが、↑な感じの楽しい曲たちばかりですのでお楽しみに

スネアドラム三重奏をやるかも、ってことで久しぶりに深胴のスネアドラム(マーチングスネア、またはフィールドドラム)を持ち込んでみました

ドラムセットの「フロアタム」に似てますが、底面にはちゃんと響き線(ひびきせん、スナッピー)が付いてます

宇宙戦艦ヤマトは1974年放映、半世紀も前のアニメなんかーい

「シンデレラガール」は2018年発売のKing & Princeのデビューシングル

「ルパン三世」は1971年に始まったアニメのシリーズ

2021年〜2022年はPART6(第6シリーズ)を放映してたり、現在進行形でもある超人気アニメ

「となりのトトロ」は1988年のスタジオジブリの長編アニメーション映画

オープニングテーマ曲の「さんぽ」は、あまりに有名すぎてもはや『童謡』にジャンル分けされることもあるそう

「フレンド・ライク・ミー」は1992年のディズニー映画「アラジン」の中の曲

果たしてどんなコンサートになるのか??

毎回、来場してくださるお客様が増えてきてるので、今回も気合入れていきましょー

サウンドハウス

スポンサーリンク サウンドハウス

楽譜ネット

スポンサーリンク

サウンドハウス

スポンサーリンク サウンドハウス

楽譜ネット

スポンサーリンク

-活動
-, ,

関連記事

テューバ奏者あらわる

今週もまたまた見学者の方に来ていただけましたなんだか最近絶好調の防府ウィンドシンフォニーです日本の楽器人口だと、管楽器ではサックス奏者が確実に多いはずですが、違う楽器から集まってくるところがシブくて好 …

フェスタ雨天中止→ミニコンサート

4/29(金祝)の「2022春の幸せますフェスタ」屋外のイベントは、天気予報による判断で2日前に開催 or 中止が主催者によって決定されることになってました 「中止?ないない」と、たかをくくって準備し …

2024年始動&アンサンブルコンサート開催します&トランペット奏者入団

年末年始は珍しく2週連続で練習お休みでした 新年吹き初め&叩き初めは1月13日(土) 月末には「第6回アンサンブル・コンサート」が控えてるので、ゲネプロ前最後の練習でした 防府ウィンドシンフォニー「第 …

かたつむり

雨の日が多くなって、梅雨まっさかりといった風情です雨がそんなに嫌いではない、というか「たまにはいいなー」とか思ったりする方なので、気分が滅入るようなことはありません練習会場の近く、防府天満宮の辺りは古 …

ミッション:ト音記号

3/7(日)の本番に向けて最後の練習でした気合いが空回りして、いつもはしないようなミスをみんなで連発して爆笑 真剣ながらもピリピリしすぎない、良い雰囲気の楽団になってきました自分も何やら一拍早く出たり …

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー