活動

君の瞳に恋してる

投稿日:

本番を一つ無事に終えて、次なるコンサートに向けて新曲2曲の楽譜を配布しました

スティーヴィー・ワンダーの「Sir Duke(サー・デューク)」

と、「君の瞳に恋してる」

「君の瞳に恋してる」はフランキー・ヴァリというアメリカの男性シンガーの1967年の曲がオリジナル

ですが、いろんな人にカバーされまくってて、1982年のボーイズ・タウン・ギャングのヴァージョンが一番有名

「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」ランキングで、5位だそうです

「SIr Duke(サー・デューク)」の邦題は「愛するデューク」になってるけど、「Sir」=「愛する」ってなんか違和感

かと言って「Sir」を何て訳すか?って聞かれたら確かにムズい

ミュージックエイト版の楽譜を購入しましたが、編曲がイマイチでちょっとダサい(わかってて選んだけど

でも適度に難易度低めのアレンジなので、演奏はしやすいです

「Duke(デューク)」はデューク・エリントンのこと

1974年に亡くなったジャズ界のレジェンドをトリビュート(追悼)してスティーヴィー・ワンダーが作った曲です

人が亡くなってこんなにハッピーな曲になるなんて、日本では絶対になさそう

アメリカ南部の黒人の多い地域(ニューオーリンズとか)のお葬式は、棺を抱えた遺族が墓地まで讃美歌(ゴスペル)などを歌って故人の死を悼みながら歩きます

↑これはガーナ(アフリカ)のお葬式

そして埋葬後は街をパレード!

トランペットや太鼓を打ち鳴らして歌ったり踊ったり

「自由を奪われた黒人奴隷にとって、死は祝福の時」

魂の解放と、その先の将来を祝うんだとか

日本人だって自分が死んでしんみりお葬式されるよりかは、楽しくやってほしいと思う人は結構いるかも

「Sir Duke(サー・デューク)」で際立つ打楽器はカウベル!

カウベルはだいたいスチール(鉄)製 ↑コレはそれに赤い塗装(おもちゃっぽい?

今までLP社の「LPA900」という、木のグリップ付きの小さいカウベルを使ってましたが、ちょっと音が軽い(のと音程が高すぎる)のもあって、ついに本格的なカウベルを購入

Gon Bops(ゴン・ボップス)社の「GON-AACAMP」(専用ビーター(バチ)も付いてた)

フュージョンバンド「ウェザー・リポート」にも参加してたパーカッショニスト、アレックス・アクーニャが監修したカウベル

カウベルと一口に言っても、用途や種類がたくさんあります

ラテン音楽で使うものだけでも「パイラベル」「ボンボベル」「カンパナベル」「チャチャベル」「ティンバルベル」「マンボベル」など(呼び名も様々

いろんな種類のカウベルの音

ドラム奏者がドラムのバスドラやスタンドにマウントできる「クランプ(固定金具)」が付いたものもありますが、これはクランプなしのハンドカウベル(ボンゴベル=カンパナ)

叩く方の反対の手の指や手のひらでミュートしたりできるので、音色や表現が多彩

アレックス・アクーニャ本人による演奏動画(1分くらい)

2つを比べてみると…

だいぶデカい!そして重い

でもいい音します

開口部(マウス)の大きさは3倍以上違うかも

新しいカウベルは練習日の翌日に届いたので、次回の練習で初お目見えです

ラテンパーカッションの楽器はアメリカのLP社やドイツのMEINL(マイネル)社のものがメジャーで種類もたくさん出てます

アメリカのGon Bops(ゴン・ボップス)社はハンドメイド色が濃くて、LPやMEINLよりちょっと高級?ってイメージ

LPやMEINLの楽器は今はほとんどがタイ製(Made in Thailand)ですが、Gon Bopsのカウベルは台湾製でした

さて

楽団内でバンド結成の動き

エレキベース弾けたんかーい

いろんな楽器をこなすマルチなプレーヤーが、実はたくさんいるよう

エリック・クラプトンの「Layla」をやりたいそうで、がんばってください

自分に何の才能があるかなんて、やってみないとわからない

いろんな楽器や、歌や、音楽以外にもチャレンジするのはとても良いこと

♪たとえばきみが〜♪

「自分は〜には向いてない…」なんて決めつけないで、恥ずかしがらずに何でも挑戦してみましょう

もちろんいきなり上手く演奏できる訳ありません

楽器も音楽も奥が深いので、何年やっても何十年やっても…難しいです

でも楽しい

一人で練習しててもモチベーション上がらないし長続きしないので、ぜひ防府ウィンドシンフォニーに来て一緒に楽器やりましょう

お気軽にご連絡ください

お待ちしてます

サウンドハウス

スポンサーリンク サウンドハウス

楽譜ネット

スポンサーリンク

サウンドハウス

スポンサーリンク サウンドハウス

楽譜ネット

スポンサーリンク

-活動
-, ,

関連記事

トランペット奏者あらわる&ゲネプロ

2024年最初の見学者さんはトランペッターさん 吹いてるところの写真が撮れなかった〜 経験豊富な方で、いきなり「ヤングマン Y.M.C.A.」のアンサンブルに加わってもらいましたが、すぐに初見でバッチ …

NEWテューバ奏者

メンバーの紹介で、テューバ奏者の初めての見学者さんに来ていただけましたそして即日!入団いただくことになりました!! その日に渡した楽譜ですぐに合奏に入っていただきましたが、素晴らしい演奏をされる方でし …

ルロイ・アンダーソン

クリスマス時期によく耳にする「そりすべり(Sleigh Ride)」を初めて合奏しました 真夏に冬の曲〜 アメリカの作曲家ルロイ・アンダーソン(1908年〜1975年)は「短くて軽いオーケストラ曲」を …

音楽祭&フルート奏者あらわる

第52回 防府市民音楽祭への出演を無事に終えました 聴きに来ていただいたお客様、主催者の防府市文化協会のみなさま、アスピラートのスタッフさん、出演者のご家族と友人のみなさま、関係者のみなさま、ありがと …

フェスにデビュー!そして打楽器奏者2名入団

ほうふ市民活動フェスタ2021(天神まちかどフェスタ)というのを、フェスと思い込むことにしました 初めての屋外ステージでの演奏でしたが、快晴でめちゃ暑かった〜 会場のルルサス防府は、グルっと建物に囲ま …

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー